ロードセルは精度が大事

経年劣化だけでなく新品でもロードセルの校正は必要

ロードセルを校正する意義とその方法を紹介

使用者自身で行う場合は概ねこんな感じ

製品ごとに疲労寿命はありますが、長時間定格以上の荷重を掛けたり、衝撃を与えないなど、適切に取り扱っていれば、ロードセルは末長く使えます。ですが経年劣化などで測定値に誤差が生じることもあるため、正確な測定が求められる現場では、定期的に校正しなければなりません。ただしこのメンテナンスは、一定期間使った物だけでなく、購入したての新品でも行った方が良い場合もあります。それは初期不良など、万が一のことも考えられるからです。そして、ロードセルの校正方法ですが、精度が確認済みのロードセルや、正しい重量のおもりがあれば、使用者本人でもやれないことはありません。この場合、安定して測定するためにも、重力を使っておもりをぶら下げる形にした方が良いので、重心がロードセルの下にくるよう、治具をセットします。すると当然治具の重さが計測されますから、この状態で検出値を0に調節し、正しい重量のおもりで校正すればOKです。また、おもりは1つだけでなく、異なった重要のおもりでチェックした方が良いでしょう。それぞれの荷重でも誤差が出ないか、実際に確かめるのがポイントです。とは言え、おもりを絶対的な基準とするのではなく、精度が確認済みのロードセルの検出値に同調させる感覚でやった方が良いと思います。

精密が求められる場合は、やはり専門業者に依頼した方が得策です。自前の校正では作業する際の水平性など、チェック方法に何か問題があれば、それは直ぐ誤差に直結します。その点、専門業者なら専用の校正室などで厳正に作業してくれるので安心です。そこで同じ頼むなら、JCSSなどの国際基準に則した認定登録業者へ依頼するのがおすすめです。その業者なら、適合の証しであるロゴマーク入りの証明書を出してくれます。校正範囲は各社で違うため、定格容量をカバーしている業者を選ぶことも欠かせません。申込方法は殆ど場合、Webや電話などで連絡を入れるだけです。作業へ入る前に大抵見積もりを出してくれるので、費用は本申込の前に案内される筈です。ロードセルの校正では取扱説明書のほか、インジケーターなど、使用中の指示計とセットで渡したりするため、その点も確認しておきましょう。

依頼先を比較してピッタリな申込先を選ぼう

料金や納期、それにアフターサービスは各社で異なるため、申込先は色々な業者を比較した方が賢明です。中には次回の校正タイミングが近くなると教えてくれる場合や、ロードセル以外の校正にも幅広く対応する業者があります。もしも機器ごとで校正の依頼先が異なるなど、管理が大変な際は、そのような業者で一元管理するのも名案かもしれません。

人気記事ランキング