トップ / 葬儀の際の役割りとは

葬儀の際の役割りとは

葬儀の喪主と施主

挨拶

葬儀における喪主と施主の違い

一般的な個人の方のご葬儀の場合、喪主と施主は兼任となることが多いために双方の役割も混同されがちで違いをご存じない方も多いようです。 喪主は遺族の代表として弔いの中心になる方のことであり、遺産を継ぐ跡取りとなる方や仏壇やお墓を管理して遺族を代表して弔問を受ける方が務めるのが基本です。一方で、施主は葬儀の費用を負担して運営に当たる方のことを指します。 家制度の強かった時代には、故人の残した物は全て家長となる方が引き継ぐものとされており、跡取りと儀式を取り仕切る方が同一人物であったために両者が混同されがちなのだと思われます。

喪主と施主との違いは

喪主と施主の違いとして、前者は遺族を代表として葬儀を執り行い、弔問客を迎える立場の人です。それを行う立場の人は、亡くなった人からもっとも縁の深い人物が行うのが一般的です。該当する順番としては、故人の配偶者や親、子供、兄弟の順番で決められます。一方、後者は布施をする主という意味で、葬儀や法事にかかる費用を負担して運営する人のことを指します。現在では両者を兼ねるケースが多くなっています。しかし、社葬の場合は、施主は故人が勤めていた会社の社長や会長であったりしますが、喪主は会社の人が行うのではなく、親族が行うことが一般的です。

↑PAGE TOP