トップ / 葬儀に着ていく喪服について

葬儀に着ていく喪服について

葬儀での格好に注意

挨拶

葬儀での正喪服について

喪主は、お通夜、葬儀、告別式には正喪服を着用します。男性の正喪服は黒のモーニングコートですが、これは昼の礼服なのでお通夜では着ません。お通夜は、黒無地のブラックスーツに白のワイシャツ、黒いネクタイ、黒い靴下と靴でネクタイピンはつけません。最近は、葬儀・告別式にもブラックスーツを着用される方が多いようです。モーニングコートの服装は、黒無地のネクタイに上着と共地のベストで白襟ははずします。ズボンはしま柄もの、靴下は黒無地です。喪主は、正喪服が基本です。恥をかくことのないよう、ふさわしい服装をしましょう。

男性の喪主の服装とは

葬儀における喪主の服装に関しては参列者が身に付ける喪服よりも格上のものでなければならないと言うのがこれまでずっと暗黙のルールとされてきました。従来は基本的に正式礼装を着用することとされていました。正式礼装にも洋装と和装があり、男性の洋装であればモーニングコート、和装であれば黒羽二重の染め抜き五つ紋の着物と羽織と袴となっています。現在では、一般の方の葬儀の場合にここまで格式張った服装で臨むことはあまりありません。通常は、男性の喪主の方は黒を基調とした略礼装であるブラックスーツを着用すれば良いとされています。

↑PAGE TOP