トップ / 葬儀で心を込めた挨拶を

葬儀で心を込めた挨拶を

葬儀での挨拶のマナー

挨拶

葬儀、出棺での喪主挨拶

葬儀で弔問客の焼香が終わり僧侶が退場したら、喪主は弔問客に挨拶をします。ポイントとしては、故人が生前お世話になったのを感謝していること、多忙中にもかかわらず焼香していただき本当にありがたいと思っていること、故人もこれで成仏できること、通夜ぶるまいの宴席に出ていただきたいこと等を手短に伝えます。挨拶はあくまでも葬儀の儀式の一部なので常套句でもかまいませんが、心をこめて話すことが大切です。また、棺を霊柩車に納めたら、遺族は会葬者の前に並び、親族代表が一歩前に出て、見送りしてくれた会葬のお礼や、残された遺族への今後も変わらぬお付き合いをお願いし、最後の謝意を述べて一礼します。

喪主の挨拶は気持ちが大事です

葬儀の後に、参列者達に喪主として一言お礼と今の心境を話しますが大勢の人がいる場合緊張もしています。この挨拶は、依頼すれば業者の担当者が代弁もしてくれます。しかし、できるなら、内容は上手く言えなくても気持ちが伝わることがポイントです。参列者も、上手な話しを聞きたいのではなく遺族としての本音を聞きたいと感じています。まずは、葬儀参列のお礼を述べて次に故人の人柄を話していきます。この故人のエピソードを話すときはやはり思い出して泣く方も多くいます。泣いても、気持ちは伝えることができます。心からの故人への、思いをお礼にすることがポイントです。

↑PAGE TOP