ロードセルの校正

ロードセルの校正方法や規約を説明

ロードセルの校正はJCSSの公式規約に基づく

圧縮力や引張力を電気信号に変換する装置

ロードセルは、圧縮や引張が生じた時の度合いを電気信号に変換し、数値として算出する装置です。プレス作業にかかる重量などの「力量測定」を行うための物で、体重計や産業用の大型計測器などに使われています。ひずみゲージ式ロードセルなど形状が豊富にあるほか、耐水性に優れる物などもあり、用途に合わせて使い分けられています。荷重を即座に数値化できるため、計測やデータの算出が高速化することがメリットです。力量計測のデータは多方面で用いられるため、ロードセルによる正確な計測は不可欠になっています。しかし、過負荷の状態が長びくなどが原因で、数値に誤差が出ることがたびたびあります。その場合、規定に基づいた方法での校正が必要です。

特定条件の数値をJCSSの規定数値に合わせる

ロードセルを始めとする計測器は、JCSSによって基準となる数値が定められています。このトレーサビリティ規定に則って校正を行うのが一般的な方法です。正常なロードセルと校正が必要な物に同じ負荷をかけ、数値を正常値に合わせる方法で行います。民間の人が校正を行う場合は、校正サービスを利用するのが一般的です。同タイプの計測器の用意などの手間があるため、それらの準備が全部できているところに持ち込むのが好ましいと言えます。専門知識があるほかにJCSSから認可を受けてもいるため、安全性や安心感もあります。サービスによっては作業が正確に完了したことの証明書を発行してくれたりもするので、それを基準に選ぶといいでしょう。完了までの時間も短めで、自分ですべて用意するよりも短時間で終わらせることが可能です。計測器をよく使うなら、いざという時のために校正サービスも見つけておくと便利になるでしょう。

適切に改善を行えば買い直す必要はない

ロードセルを校正する一番のメリットは、機器を新しく買い直さなくてもよくなることです。計測器で正確な測定ができなくなると、その計測器をデータ測定に使うことはできません。解決方法は機器を新調するか正しく測れるようにするかの二つが主ですが、大きな損傷がない限りは数値を正確に戻す方がいいでしょう。校正することで機器の寿命が延び、買い替えが必要な回数が減ります。その分コストも減るため、余計な出費を抑えることにもつながります。日常的に計測器を使う人ほど買い替えのコストの負担が大きく、機器を長く使い続けることを考えなければなりません。新調よりもはるかに低いコストで正確な計測ができるようになるため、コスト管理の方法としてもとても優れています。

人気記事ランキング